体高210センチメートル!現在「もっとも背の高い馬」がこちら


馬というのはそもそも大型の動物だ。しかし、中でも、このベルジアン種のせん馬(去勢した牡馬)「ビッグ・ジェイク」は、ギネスワールドレコーズから公式に認められた"存命中の最も背の高い馬"である。


ギネス世界記録を持つビッグ・ジェイクは15歳、体高は6フィート11インチ弱(約210cm)で、体重はおよそ2,600ポンド(約1,180kg)もある。

ビッグ・ジェイクはかつて一流の"ばん馬"チームの一員だったが、現在は引退し、米国ウィスコンシン州ポイネットにあるスモーキー・ホロー・ファーム(Smokey Hollow Farm)で暮らしているとのことで、このファームには、ビッグ・シェイクを一目見ようと多くの人が訪れるそうだ。

オーナーのジェリー・ギルバートさんによれば、ビッグ・ジェイクは体は大きいものの本当に穏やかな性格で、「遊ぶのが好きで、特に人間の髪の毛にじゃれるのが好きですね。ふざけるのが大好き」だという。また、体の大きいビッグ・シェイクを飼育するのは大変なようで、「とにかく何でも大きくないとダメなんです。普通なら馬房はだいたい12フィート(約3.7メートル)四方もあればいいのですが、ジェイクの馬房は20フィート(約6.1メートル)四方もあります。移動するときはセミトレーラーを使わないといけません」とコメントしている。


■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む