猿と人間、2つの種の戦争が始まる・・・『猿の惑星』最新作「大戦記(グレート・ウォー)」来年日本公開!


「猿の惑星」シリーズ最新作『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』が2017年、日本公開されることが決定した。


2011年に公開された『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』では、猿の子供であるシーザーが人類同等の知能を持ち、コミュニケーション・ツールとしての言語を持つまでを描き、われわれ人類への警鐘に満ち溢れたテーマ、心揺さぶるエモーショナルなドラマは多くの人々を魅了した。そして2014年に公開されたのは、高度な知能を獲得したシーザーが仲間を率いて、人類への反乱を起こしてから10年後の世界を描く『猿の惑星:新世紀(ライジング)』。かけがえのない家族や仲間を持ち、平和な世界を望む猿のリーダー、シーザーと人間たちそれぞれの葛藤を軸にした物語は、"共存"と"対立"の狭間で重大な決断を迫られていく彼らの姿を映し出した。

そして、待望の『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』は、引き続き傑出したリーダーであるシーザーの物語を描きく。地球の支配者としての生き残りを懸けた猿と人間、2つの種の戦いは、かつてないほどに激しさを増していき、地球の支配権を懸けた戦いの裏で描かれるのは、シーザーの内面の葛藤だ。大きな喪失感に苛まれながら、知的で慈悲深いリーダーは、己の中の悪魔と向き合い、彼の種族を率いるために再び立ち上がる。そして、シリーズの過去作でもそうであったように「"人間性"を創り上げているものとは何か?そして人間性はシーザーの中に育つのか?」という興味深いテーマと考えさせられる質問を投げかける。


本作の撮影は、モーションキャプチャーの撮影が難しい、雪上で行われた。到着した映像では「逃げろ...戦いが始まる前に...すまない...戦争が始まる」と、吹雪で表現されたシーザーがささやく。シーザーの葛藤が読み取れると同時に、地球の未来の運命を左右する大激闘が描かれることが予測できる。

シーザーを演じるのは、前2作に引き続きアンディ・サーキス。その他、『ジュラシック・ワールド』のジュディ・グリア、『ハンガー・ゲーム』シリーズのウディ・ハレルソンら実力派キャストが出演。メガホンを取ったのは、前作に引き続きマット・リーヴスが務める。

『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』は2017年全国ロードショー

© 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation

海外版予告映像
続きを読む