マイケル・ムーア監督が自身のフェイスブックでトランプ氏を痛烈批判 「我々はドナルド・トランプに殺される」


ドナルド・トランプ氏は、国家安全保障局(NSA)や中央情報局(CIA)から国際情勢の説明を受ける毎日の情報ブリーフィングを拒否したことについて、「フォックス・ニュース・サンデー」で司会者のクリス・ウォレスにこう語った。「私は賢い人間だ。同じことを同じ言葉で毎日、今後8年間も聞かされる必要はない。私には必要ない。彼らには"もし、状況が変わったら教えてくれ"と伝えてある」


国家安全保障に対する、この一見尊大な態度に対して、12月13日(現地時間)、マイケル・ムーア監督が、自身のフェイスブックで意見を投稿した。

「我々はドナルド・トランプに殺される」というタイトルの投稿で、ムーア監督は次のようにトランプ氏を痛烈に批判した。

「国のトップの最大の任務は、国民の安全を守ること。実に驚くべきことに、トランプ氏は、情報機関のトップから毎日、誰が国民を殺そうとしているのかという情報を20分間聞くという仕事が、厄介でわずらわしいと考えているようだ」、「彼は朝5時に起きて、子供っぽい怒りのツイートをするだけ......。それなのに、我々の国の安全保障への脅威について聞く時間はないらしい」

ムーアはこう警告する。「次のテロが起こった時、(必ず起こるだろうが)悲劇が起こった後になって、ドナルド・トランプ氏はすぐに自分以外の全員を非難するだろう。......私は断言する。トランプ氏の判断が罪のない人々の死を招くだろう」

ムーア監督は、大統領が脅威に対して十分に用心していないと、危険が迫り、国を滅ぼす事になると主張する。2001年8月初旬、ジョージ・W・ブッシュ元大統領が休暇中にブリーフィングを受けた話を引き合いに出している。そのブリーフィングのヘッドラインには"ビン・ラディンがアメリカ国内への攻撃を決定した"と書かれていたものの、ムーア監督によれば、「ジョージ・W・ブッシュはそれから4週間も仕事に戻らなかった。5週目の9月11日、ビン・ラディンがアメリカを攻撃した」のだという。

Donald Trump Is Gonna Get Us Killed by Michael Moore A week has gone by since Donald Trump admitted he's only been to ...

Posted by Michael Moore on Tuesday, December 13, 2016




■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む