ロシアの釣り人が公開した、見た目がコワい深海生物の数々


ロシアの深海漁業の漁師、Roman Fedortsov氏は今年の初めに、海の神秘をこれ以上秘密にしておくことはできないと思いたった。


今年の初め、ロシアの北西のはずれの港町、ムルマンスクでトロール漁業を行うFedortsovさんは、我々を2度と海で泳げないくらい怖がらせるため、ではなく、世界中の人々を楽しませるために、自身が漁獲した奇妙な深海生物の画像をツイッター上に投稿し始めた。

例えば、フェドロフさんが海を旅する中で出会ったのは、この歯のオバケだ。



そして、この丸い物体。



さらには、このクモのような生き物も。

『モスクワ・タイムズ』は、同地の深海漁業の漁師であれば、このような見た目がとってもコワい深海生物の画像を見ても「色んな生き物がいつも網にかかってくる」と思うだけだろうと伝えている。



■参照リンク
『モスクワ・タイムズ』
https://themoscowtimes.com/
http://www.aol.com/
続きを読む