オノ・ヨーコとジョン・レノンの伝記映画が製作へ


オノ・ヨーコとジョン・レノン。長年に渡り、ザ・ビートルズのファンを夢中にさせてきた2人の関係を語るのに、ヨーコ本人以上にふさわしい人物はいないだろう。


エンタメ情報サイト『THR』によると、ヨーコとジョンとの関係や、2人が行ってきた反戦活動を追った伝記映画が製作されるという。

製作は、マイケル・デ・ルカ(『マネーボール』)、アンソニー・マクカーテン(『ダーケスト・アワー(原題)』)、ジョシュ・ブラットマン(『フライトナイト/恐怖の夜』)といった経験豊富なチーム。タイトルは未定だが、製作陣によれば、ヨーコとジョンの関係性に焦点を当てた作品になるという。デ・ルカは、その過程で"愛や勇気、アメリカにおけるアクティビズムといった今にも通じるテーマ"が描かれ、若い世代に刺激を与える作品になると語っている。

ヨーコとジョンは語りつくせないほどのストーリーを持っている。2人は1966年、ジョンがまだ最初の妻と結婚していた時にロンドンのアートシーンで出会った。出会いから3年後に結婚。ハネムーン中にアムステルダムで行った反戦のパフォーマンスは有名だ。70年代前半に18カ月の別居期間があったものの、2人の結婚生活は1980年にジョンが亡くなるまで続いた。

伝説的な2人と、数多くの論争を巻き起こしたその歴史。間違いなく面白い映画になるだろう。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む