ハリー王子、メ―ガン・マークルのために禁煙したと報じられる


最近婚約した英国のハリー王子が婚約者のメ―ガン・マークルのために禁煙したと報じられている。


「ハリーは家で禁煙すると約束しました。タバコを吸わないメ―ガンにとって、いいことではないからです。だから、今後は窓から身を乗り出して一服することはないでしょう。ハリーはメ―ガンのためにタバコをやめました」とある友人が『デイリー・メール』紙に語っている。

さらに、ハリーとメ―ガンの新居となるケンジントン宮殿のノッティンガムコテージを含む、ロイヤルファミリーの宮殿では喫煙は禁止されているが、33歳のハリー王子はアルコールを数杯飲んだ後タバコを吸うことで有名だ。イートン校に通っていた頃に吸うようになったと言われている。

ハリー王子は2015年、ケープタウン・ユースセンターで学生時代について振り返り、「学校は全然楽しくなかった。こういった場所に来たかったね。学生時代は、『バッドボーイ』になりたかったんだ」と語っている。大人になると、ハリー王子のパーティー三昧の生活が度々ニュースになり、「マルボロライト1箱が1日ですぐなくなった」という。

一方、メ―ガン・マークルは健康的な食生活と運動に熱心に取り組んでいる。以前、彼女は「ランニングは私の動く瞑想方法なの」と語っている。婚約発表以降、メ―ガン・マークルとハリー王子は5月の結婚式に向け、あちこちのロンドンのジムで目撃されている。



■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む