AIが「ハリポタ」全7巻のデータを元に新作を書き上げ話題に


ここ数年、ハリー・ポッター・ファンは魔法界から新しいコンテンツが続々と送られてきたおかげで充実していたはずだ。映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』はシリーズ2作目が控えているし、映画『ハリー・ポッターと死の秘宝』から19年後を描いた舞台劇、『ハリー・ポッターと呪いの子』が2016年にロンドンで初演され、その上、J・K・ローリングはよくツイートを投稿してくれる。ただ、ポッタリアンには残念だが、オリジナルの書籍シリーズの第8巻が出版されることはないと言われている。そこへ現れたのがAIに続編を書いてもらおうというというアイデアだ。


人々が待ち望んでいる『ハリー・ポッター』の新作を書こうと立ち上がったのはBotnik Studios。公式ウェブサイトによると「機械とコラボすることにより奇妙キテレツな新しいモノづくりをする作家、アーティスト、開発者のコミュニティー」だそうだ。今回Botnikは予測テキストを打ち出すAIを使い、ローリングのハリポタ・シリーズ全7巻の内容をデータベースにして作品を自動で作り上げたのだ。

「全7巻の内容をベースに予測入力キーボードを使って魔法の魅力がいっぱいのハリー・ポッター新作をゴーストライターに書かせてみた」

想像通り、結果は相当笑えるもの(例えば、「魔法:それはハリー・ポッターが良いと思ったもの」という一文があった)が書きあがっているが、登場人物の中には再び完璧に描き出されていたキャラクターもいた。ハーマイオニーはこの"新作"でも一番頭脳明晰で、ロンの惨めさにはさらに磨きがかかった(例、「ロンのロン・シャツはロン自身のように惨めだった」)のだ。

もちろん、結末にはハリーの決め台詞が出て来る。我らがヒーローがこう言い放つのだ。「僕はハリー・ポッターだ。闇の魔術よ、覚悟しろ。なんてこった!」

ツイッターにはBotnik版のハリポタ・シリーズがあるべきだという肯定的な意見が多く寄せられており、これには筆者も賛成である。新しいハリポタのスマホゲームが発売になるまでの間、何か読むものが必要なのだ。




■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む