トップ10入りした米国出身者はたった1人!?映画データベースIMDbが、今年最も人気があったスターのランキングを発表


今後演技の世界で名を馳せようと思う人は、何もハリウッド出身である必要はないようだ。むしろ、米国人でない方が成功するかもしれない。


映画データベースIMDbが今年最も人気があった映画・TVスターのランキングを発表した。このランキングは、同サイトのSTARmeterで常にランキング入りした有名人から選出されたものだ。そして今年選ばれた10人のうち、米国出身はなんとアレクサンドラ・ダダリオの1人しかいなかった。

ランキングは女性が10人のうち7人と多数を占めている。『ワンダーウーマン』に主演したイスラエル出身のガル・ギャドットが1位に選ばれたのは納得だ。そしてそれ以外もキューバや英国、アルジェリアなど世界各国の俳優で占められている。

意外にもランキング入りしなかった俳優もいる。例えば、ティモシー・シャラメ(フランス風の名前だが彼は米国人である)はアカデミー賞の有力候補とされる2作品に出演しているので、彼のSTARmeterは確実に上昇しているはずだが、惜しくもトップ10入りは果たせなかった。

また、『レディバード』でアカデミー賞主演女優賞候補に挙がっているアイルランド出身のシアーシャ・ローナンもランキング入りしなかった。女性で、しかもアメリカ人以外だというのになぜだろうか。おそらく、彼女は2年前にも『ブルックリン』でアカデミー賞主演女優賞候補に挙がっているので、今回のランキングで急上昇することがなかったのだろう。ランキングは以下の通りだ。

IMDB、2017年のトップスター

1位 ガル・ギャドット
2位 トム・ハーディ
3位 エミリア・クラーク
4位 アレクサンドラ・ダダリオ
5位 ビル・スカルスガルド
6位 ポム・クレメンティエフ
7位 アナ・デ・アルマス
8位 ダン・スティーヴンス
9位 ソフィア・ブテラ
10位 キャサリン・ラングフォード




■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む