キャリー・フィッシャー1周忌、マーク・ハミルとファンがツイッターで追悼


キャリー・フィッシャーが亡くなって、もう1年が経つなんて信じられるだろうか?


2016年12月27日、キャリー・フィッシャーが他界。優れたライターであり、また『スター・ウォーズ』のアイコン的存在でもあった彼女は、12月23日、ロンドンからロサンゼルス行の機内で心臓発作が起こり、搬送された病院で息を引き取った。享年60歳だった。その翌日、母親で女優のデビー・レイノルズも脳卒中で死去した。

キャリー・フィッシャーは、12月15日に公開された『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でのプリンセス/将軍レイア・オーガナの撮影をすでに撮り終えていた。レジェンドが残した最後の瞬間をファンはほろ苦く、胸がはりさける思いで観たことだろう。

キャリー・フィッシャーの1周忌には、ファン、そしてレイア姫の双子の兄、ルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルがSNS上で追悼。#CarrieonForever(キャリーよ、永遠に)がトレンドワードになった。

「一年前の今日、私たちはプリンセスを失った。将軍を失った。アイコンを失った。レイアを失った。キャリー・フィッシャーを失った。フォースと共にあれ。いかなる時も」

「『どんな風に亡くなったとしても、月の明かりの中、自分のブラが首に締まって亡くなったと伝えてほしい(キャリー・フィッシャーの言葉)』キャリー・フィッシャーが亡くなって1年経つ」

「キャリー・フィッシャーが亡くなってこの1年どうだったか考えて感傷に浸っていた。キャリーよ、永遠に。フォースと共にあれ」

「美しく、素晴らしかったキャリー・フィッシャーが他界して一年。太陽のようだった彼女を毎日思い出す。キャリーよ、永遠に」

「1年前、私たちはプリンセスを失った。キャリー・フィッシャー、安らかに眠れ。そしてフォースと共にあれ。いかなる時も。キャリーよ、永遠に」

「(画像)死は生きることの一部だ。フォースに姿を変える者を喜んで送り出せ..."-ヨーダ 安らかに眠れ、キャリー・フィッシャー」
「レジェンドが亡くなって1年経つ。喜んで送り出すには、スター・ウォーズを見ることしかない!ゆっくり休んで、キャリー・フィッシャー」

最後は、マーク・ハミルによるツイートで締めくくりたい。

「誰もいなくなってはいない...いかなる時も我々と一緒だ。キャリーよ、永遠に」



■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む