2017年の世界の映画興収ランキング1位に『美女と野獣』


2017年の世界の映画興収ランキング(「Box Office Mojo」調べ)で『美女と野獣』が1位だった事が分かった。


エマ・ワトソンなどのキャストにより、ディズニーの同名の長編アニメーション映画を実写リメイクした『美女と野獣』が、見事、2017年の世界の映画興収ランキングでトップの座に輝いた。2位は『ワイルド・スピード ICE BREAK』、3位は、2018年に入ってからも記録を伸ばし続けている『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』となった。

ランキングの1位から15位までは以下の通り。

1位 『美女と野獣』 12億6350万ドル(約1429億円)
2位 『ワイルド・スピード ICE BREAK』 12億3580万ドル(約1398億円)
3位 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 12億520万ドル(約1363億円)
4位 『怪盗グルーのミニオン大脱走』 10億3350万ドル(約1169億円)
5位 『スパイダーマン:ホームカミング』 8億8020万ドル(約996億円)
6位 『Wolf Warrior 2(原題)』 8億7030万ドル(約985億円)
7位 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 8億6370万ドル(約977億円)
8位 『マイティ・ソー バトルロイヤル』 8億4980万ドル(約961億円)
9位 『ワンダーウーマン』 8億2180万ドル(約930億円)
10位『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』 7億9490万ドル(約899億円)
11位『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』 6億9880万ドル(約790億円)
12位『ジャスティス・リーグ』 6億5280万ドル(約738億円)
13位『LOGAN/ローガン』 6億1680万ドル(約698億円)
14位『トランスフォーマー/最後の騎士王』 6億540万ドル(約685億円)
15位『リメンバー・ミー』 5億8910万ドル(約666億円)


やはり今年も続編やリブート作品ばかりだが、気になるのは6位の中国映画『Wolf Warrior 2(原題)』だ。同作品の米国内での興行収入はたったの270万ドル(約3億円)だった。もはやアメリカのボックス・オフィスが世界の中心という訳ではないようだ。

2018年は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や『ジュラシック・ワールド/炎の王国』、『デッドプール2』、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』、そして、その他の作品がしっかりと映画館に客を集められると期待したい。



■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む