スティーブン・スピルバーグ、アカデミー賞監督賞の候補に女性監督の名前が挙がると予想


先日のゴールデン・グローブ賞の授賞式で、監督賞のプレゼンターを務めたナタリー・ポートマンが「候補者の男性はこちらの方々です」と発言したことが話題になっているが、これに関連して、スティーブン・スピルバーグはアカデミー賞監督賞の候補者は男性に偏ることはないと考えているようだ。


「そのスピードは決して早くはないが、女性監督にとって流れが今まさに変わろうとしている」とアカデミー賞を3度受賞したこともあるスピルバーグはナショナル・ボード・オブ・レビュー(NBR=米国映画批評会議)賞授賞式で語ったと『エンターテイメント・トゥナイト』が伝えた。

「だって(『ワンダーウーマン』の)パティ・ジェンキンス監督が居るじゃないですか。そのほかにも女性が頭角を現しています。『マッドバウンド 哀しき友情』(ディー・リース監督作)や『レディ・バード』(グレタ・ガーウィグ監督作)などの作品もあったし」と語るスピルバーグ。

「2017年は特にスゴかったですからね。ノミネート、あると思いますよ。アカデミー賞では少なくとも1人は女性監督の名前を聞くでしょう」

当のジェンキンス監督はというと、ポートマンの一件について「笑えたと同時に嬉しくなりました。そもそも、女性監督がノミネートされることがあまりないのはちょっと気になります。特に、賞レース以外のところでは大きな話題になっているという点を指摘するのはなかなか面白いと思いました」と語っている。

ちなみに、米国アカデミー賞の前哨戦とされる英国アカデミー賞の今年のノミネーションが先日発表された。英国アカデミー賞で監督賞にノミネートされたのは、ドゥニ・ヴィルヌーヴ(『ブレードランナー 2049』)、ルカ・グァダニーノ(『君の名前で僕を呼んで』)、クリストファー・ノーラン(『ダンケルク』)、ギレルモ・デル・トロ(『シェイプ・オブ・ウォーター』)、マーティン・マクドナー(『スリー・ビルボード』)の5人。いずれも男性の監督だった。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む