『40歳の童貞男』でネタにされたケリー・クラークソン、主人公役スティーヴ・カレルとついに顔を合わせる


『40歳の童貞男』の中でスティーヴ・カレルがケリー・クラークソンの名前を叫んでからおよそ13年が過ぎた。そして今回、ついにこの2人が顔を合わせることになったのだが、やはり、すぐにあの名シーンの話になったようだ。


カレルとクラークソンは、先日開催されたゴールデン・グローブ賞授賞式でついに初対面を果たした。カレルは出演作『バトル・オブ・セックス』でミュージカル・コメディ部門の主演男優賞にノミネートされ、クラークソンは最優秀作曲賞のプレゼンターを務めていたのだ。CM中はスターたちの交流時間となっているが、当の2人もセルフィ―で記念撮影をした後、何年も前にカレルがクラークソンの名前を劇中で叫んだことについて会話を交わしたという。

スティーヴ・カレル「ついにこの時が来た!」

ケリー・クラークソン「人生で最高の瞬間の1つだわ! あなたも、ステキな奥様も大好きよ、#あぁああスティーヴ・カレル」

ご存知ない方に説明すると、問題の発言は、劇中でカレル演じるアンディが異常に毛深い胸毛を脱毛するシーンで発せられる(もちろんカレルは映画の中で実際に脱毛をしており、血も本物だった)。アンディは、あまりの痛さに罵りの言葉を吐くのだが、そこで奇妙なことにクラークソンの名前を口走ったのだ。

https://www.youtube.com/watch?v=1T2n_n9H67g


この2人にとってこの出会いは喜ばしいものだったようで、(クラークソンのハッシュタグなんか最高だ)見ているこっちもうれしくなる。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む