ホアキン・フェニックスがジョーカー単独映画のジョーカー役を交渉中

『スーサイド・スクワッド』でジョーカーを演じたジャレッド・レトのファンには残念なお知らせだ。『Variety』が伝えるところによると、オスカーに3度ノミネートされたホアキン・フェニックスは、ジョーカーが主役のDC単独映画のジョーカー役に出演交渉中だ。


フェニックスは、トッド・フィリップス監督との打ち合わせを経て、この役をしたいと決意しているという。彼こそ製作側が一番推していた俳優だったとのことだが、前まではレオナルド・ディカプリオが検討されていると報じられていた。

ツイッターの反応を見る限り、ファンは、フェニックスが今回ジョーカー役を演じることに好意的のようだ。

「・・・ホアキン・フェニックスがこの役を演じる俳優として全くベストだと思う。悪役として映画を成功させることが出来る俳優がいるとすれば、それは彼だ。まさに適役だろうね。ホアキンなら大手を振って応援するよ」

「ホアキンがジョーカー役になっても怒りはしないけど、だったらマイケル・シャノンの方がいいかな。みんなもそう思ってるみたいだね。助けになれたら嬉しいよ」

「ホアキン・フェニックスがジョーカー役に? ああ、ぜひとも」

「ジャレッド・レトの熱狂的なファンは怒りに震えてるわね。ジャレッド・レトは好きだけど、レオナルド・ディカプリオやホアキン・フェニックスの方が映画的には大きな格上げになる。ごめん、私はこういうことに決まりを作らないの」

「ジョーカー映画こそ、まさに今DCが必要としているもの。主演はアカデミー賞候補者の俳優(ホアキン・フェニックス)で、アカデミー賞受賞者のフィルムメーカー(マーティン・スコセッシ)がプロデュースすれば完ぺきな単独映画になる」

多くの人々はまだ、ジョーカー単独映画の製作に対して否定的ではあるが、フェニックス主演の可能性が出てきたことで、こうした反感が収まる気配を見せている。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー