『セックス・アンド・ザ・シティ』シンシア・ニクソンが、ニューヨーク州知事に立候補!


海外ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のミランダ・ホッブス役で知られるシンシア・ニクソンは、ニューヨーク州知事へ立候補することを正式に発表した。


エミー賞受賞女優であり、政治活動家でもあるシンシアは3月19日(月曜日)にツイッター上でビデオメッセージを公開。自身が生まれ育ったニューヨークへの愛と、本人曰く崩壊している政治システムを修復したいという思いを訴えた。彼女が問題視しているのは、ニューヨーク市に集中する収入と教育の不公平性や、ニューヨーク市の地下鉄の老朽化だ。

「私はニューヨークを愛しています。そして本日、知事選への出馬を発表します。私達の仲間になってください」

ニクソンは出馬を宣言した映像の中でこのように語っている。「私はニューヨークを愛しています。他の場所に住みたいと思ったことはありません。でも、変わらなければならないこともあります・・・一緒に戦えば、この戦いに勝利することができます」

"SATC"のファンたちは、ニクソン演じるミランダなら今後どのように知事としての決断を下していくだろうという妄想を始めるなど、選挙戦にまつわるネタを投稿している。

「『セックス・アンド・ザ・シティ』の出演で知られる女優であり活動家のシンシア・ニクソンが民主党からニューヨーク州の知事選への出馬を発表」
「ミランダがやりそうなことだね」

「"私にはどうしようもないけど、でも... ミランダが本当に地下鉄を修復できるのかしら?
それとも、修復が必要なのは私?"」

「"その夜遅く、考えた。ミランダが正しかったのかしら? 知事選に出馬するのが今の流行りなの?"」

「"彼女はニューヨークの教育システムと、女性を政治の外に追いやって、都合の悪い意見を言う便利な票としてしか見ていない政治組織にウンザリしてた。こうして座って考えてみる。シンシア・ニクソンがミランダを演じていたのかしら、それともずっとミランダだったのかしら?"」

ニクソンは、今秋の民主党予備選挙で現職知事のアンドリュー・クオモ氏と戦うことになる。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む