S・スピルバーグ監督、『タンタンの冒険』続編の企画は健在と明かす


2011年に公開された映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』は大ヒットとまではいかなかったものの、スティーブン・スピルバーグによれば、続編の企画は今でも着実に進んでいるという。


仏メディア『Premiere』の記事を報じた米映画ブログ『SlashFilm』によれば、スピルバーグは、同作の続編を自身が製作し、ピーター・ジャクソンが監督すると明かしたそうだ(第1作はスピルバーグが監督を務め、全米興行収入は7,700万ドル<約81億円>にとどまった)。

「ピーター・ジャクソンが第2作を監督する予定だ。順調にいけば、ピーターがもうすぐ脚本の検討を始めると思う。アニメーション製作には2年かかるから、公開は3年後ぐらいかな。でも、ピーターならやり抜くはずだ。タンタンは健在だよ!」

とすると、続編を見られるのは早くて2021年ということになる。

ベルギーの漫画家エルジェのベストセラーコミックを原作とするこのシリーズは、世界中を駆け回るレポーターのタンタンと、相棒である犬のスノーウィを描いた物語だ。

続編も複数のコミックがベースになるとみられている。エルジェは1929~1983年にタンタンの冒険物語を24冊描いた。映画第1作は、『The Crab with the Golden Claws』(邦訳書『金のはさみのカニ』)、『The Secret of the Unicorn』(邦訳書『なぞのユニコーン号』)、『Red Rackham's Treasure』(邦訳書『レッド・ラッカムの宝』)の3冊を組み合わせたものだ。

3Dアニメーションで製作された第1作は、ジェイミー・ベルがタンタンの声を担当。他にはアンディ・サーキス、ダニエル・クレイグ、サイモン・ペッグ、ニック・フロストが声優を務めている。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む