ブラッド・ピット、MITの美人教授と時間を過ごす仲に


ブラッド・ピットは長年の友人であり、頭脳明晰な妻を持つジョージ・クルーニーから恋愛のヒントを得ているのかもしれない。


ゴシップサイト『Page Six』によれば、ピットは最近、マサチューセッツ工科大学(MIT)のネリ・オックスマン教授と「時間を過ごしている」という。同教授は建築デザインやアートインスタレーションで数々の受賞歴を持ち称賛されている人物だ。

2人は建築、デザイン、芸術への関心が共通していることで「意気投合している」らしい。ピットは最初、個人的なプロジェクトに関してイスラエル系米国人オックスマン氏を紹介されたといい、情報筋は「専門分野を通じた友人関係」と表現している。

2人の関係が恋愛に発展することがあれば、アンジェリーナ・ジョリー、ジェニファー・アニストン、グウィネス・パルトロウと、人目に立つ妻や恋人が長年続いてきたピットにとっては大きな転換だろう。しかし、2014年に高名な人権派弁護士アマル氏と結婚したクルーニーと同様、ピットが今、ハリウッドの外にパートナーを求めている可能性はありそうだ。

「彼らの友情はまだ恋愛には発展していません。2人とも慎重で、繰り返しますが専門分野を通じた友人関係だからです。しかし、ブラッドはネリと過ごす時間を増やしたいと強く望んでいるようです。魅力的な女性ですから」と『Page Six』は情報筋の話を伝えている。

ピットの代理人はコメントを拒んでいるものの、彼の友人はオックスマン氏のことを「非常に印象的な女性」と認めたという。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む