マイク・マイヤーズ、『オースティン・パワーズ』ミニー・ミー役ヴァーン・トロイヤーの訃報に「彼は明るさの象徴」


『オースティン・パワーズ』シリーズのミニ・ミー役として有名なヴァーン・トロイヤー。彼は、ハリー・ポッターファミリーの一員でもあり、『ハリー・ポッターと賢者の石』には、グリップフック役として登場した。週末、トロイヤーの公式フェイスブックアカウントの投稿で、彼が49歳で亡くなったことが明らかになった。


死因については明らかにされていないが、その投稿には、次のように書かれている。


「...ヴァーンは彼の人生の戦いにおいても、常に戦士であり続けました。何年にもわたり、彼は戦っては勝ち、もがき苦しんでは勝ってきました。何度もです。しかし、今回の戦いではそれが叶いませんでした。...うつと自殺は非常に深刻な問題です。人の心の中に、どのような戦いがあったのかを図り知ることはできません。周りの人に優しくしてあげてください。そして、忘れないでください。誰かに助けの手を差し伸ばすのに遅すぎることなんてないと...」

トロイヤーと共に『オースティン・パワーズ:デラックス』と『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』、そして『愛の伝道師 ラブ・グル』に出演していたマイク・マイヤーズ。そんな親交の深いマイヤーズは、トロイヤーへの思いを以下の様に述べた。

「光栄にも彼と一緒に仕事ができた我々にとって、ヴァーンは真のプロフェッショナルで、明るさの象徴のような人だった。悲しい日となってしまったが、彼がより良い場所にいてくれることを願う。彼を失って悲しい」

友人マーリー・マトリンや関係者、ファンらが、トロイヤーの思い出と哀悼の意をSNSに投稿している。

「ヴァーン・トロイヤーの死を知って、非常に悲しい。愛すべき笑顔と優しくて大きな心を持つ彼は、耳が聞こえない人や難聴の人に無料で補聴器を提供する活動をしている@starkeycaresのために資金集めを助けてくれました。ご冥福をお祈りします」

「俳優でありRAWのゲストホストを務めたこともあるヴァーン・トロイヤー氏が享年49歳で亡くなられたことに、WWEは深く悲しんでいます」

「昨日亡くなったヴァーン・トロイヤー、別名コーチ・チェーコフのご冥福をお祈りします。君がいないと寂しくなるよ」

「最初のハリー・ポッター映画に出演していたヴァーン・トロイヤー氏のご冥福をお祈りします」

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む