『ピーターラビット』上映前に誤ってホラー映画の予告編が流れ、映画館内が大騒ぎに!


オーストラリアのパース近郊の映画館で去る4月25日、『ピーターラビット』の本編上映前に到底子供向けとは思えないホラー映画『Hereditary(原題)』の予告編が誤って流され、かわいいウサギの物語を楽しみにしていた親子連れの観客を動揺、混乱させる騒ぎが起きた。一方で、ホラー映画の制作会社はこの事件を笑いのネタにしている。


トニ・コレット主演のこの映画『Hereditary』は、「新世代のエクソシスト」との呼び声が高い作品で、その予告編にはハトの死骸の首にハサミの刃を立てるシーンをはじめ、棺桶に横たわる遺体、自ら思い切り机に顔を叩きつけて流血する少年、火だるまになる男性などが登場、張り詰める音楽が流れ、耳をつんざく効果音が入る。

つまり安心して親が幼い子供に見せられるような代物ではない。現場に居合わせた女性がオーストラリアの『Sydney Morning Herald』紙に当時の様子をこう語っている。

「大変な騒ぎでしたよ。子供向けでないのはすぐにわかりました。映写室に向かって止めろと叫んだり、子供たちの目や耳を覆う親御さんたちがいました。何人かは外の係員に詰め寄ったようですが、係の女性も気が動転したのか対応しかねていました。中には子供の手を引いて映画館から逃げ出す人たちもいましたね。そのうちに係の上司らしき人が出て来て、トランシーバーで映写室にスクリーンを消せと指示が出されたんです。さすがはそれなりの役職に就いている人ですね、私たちに謝罪して、お詫びのしるしにと映画の無料鑑賞券を出してくれました」

映画館から逃げ出すほどの内容だったのか、その時流れた予告編が以下の動画だとしたら、不穏な空気が漂い出すのは始まってから暫く経ってからである。

https://www.youtube.com/watch?v=V6wWKNij_1M


この映画を製作したA24という会社は、この事件を笑いのネタに仕立て上げ、あげく『ピーターラビット』が食物アレルギーを揶揄したシーンで謝罪に追い込まれた件を皮肉った。

「(予告編を見てしまった)お子さんたちの心理療法の補助を検討いたします」

「ピーターラビットだってそれなりに物議を醸している」

「その通り。そして、子供の食物アレルギー問題について、ウサギの映画はやっていませんが、Hereditaryではとても真剣に取り組んでいます」

可哀想に、ピーターラビットに先制攻撃が仕掛けられてしまったが、この事件のおかげで『Hereditary』は公開前に予想外の宣伝ができてしまったようだ。

『ピーターラビット』は5月18日から日本で公開予定。『Hereditary』の日本公開は現在のところ未定である。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む