ドウェイン・ジョンソンが、クリス・プラットとの映画共演をSNSでほのめかす


ドウェイン・"ザ・ロック"・ジョンソンがクリス・プラットに夢中になるのは仕方がない。プラットの魅力は多くの人を引きつけるのだ。マーベル映画と『ジュラシック・ワールド』シリーズという大ヒット映画が続いているプラットに、ドウェインは厚い信頼を寄せている。


最初にプラットと組んではどうかと提案したのは、どうやらジョンソンのファンだったようだ。ジョンソンはファンの声に応え、プラットの『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のヒットをたたえつつ、2人の映画共演をほのめかしている。

「Iron Paradise(ドウェイン・ジョンソンのジム)の神聖な壁に掛けてある僕のビジョンボードには、クレージーな映画のアイデアや目標、野望、ダーティージョークなんかを書くんだ。アベンジャーズの世界的オープニング大ヒットおめでとう! そしてファンの皆さん、ご要望ありがとう。僕はみんなの声を聞くことを一番優先してるし、みんなの要望に応えるのが一番の目標だ。いい考えだと思う。クールな映画になりそうだ......ビッグで......面白い映画に。アイデアが浮かんだ」

もしプラットがビジョンボードに書かれている「ロック&プラット」ではなく「プラット&ロック」にしようと言ってきたら、計画はご破算になってしまうのだろうか? それは冗談として、ジョンソンはこのタッグの実現を真剣に検討しているようで、「#RockPratt」に関するツイートをしきりに行っている。

「いけ、スーパーヒーロー! オープニング興行収入の史上最高額を更新したアベンジャーズ、おめでとう。そして、僕と親愛なるスター・ロード(クリス・プラット)の映画共演をぜひ見たいと言ってくれたファンの皆さん、ありがとう。おかげでアイデアが浮かんだよ。続報をお楽しみに」

「『今すぐお金を払いたい』っていうのはすごくパワフルな発言だね。ファンの皆さん、ご期待ありがとう。僕が今計画してることは、みんなに気に入ってもらえると思うよ。続報をお楽しみに #RockPratt」

プラットはこのジョンソンからの明らかな誘いにまだ反応していないように思われる(山のように寄せられた『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』についてのコメントを読むのに忙しすぎるのかもしれない)。しかし、ジョンソンとプラットは最近、Instagramでトレーニングがらみの楽しいやり取りを確かにしていた。2人ともそれぞれのアクション映画のためにジムで相当鍛えているのだ。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は現在公開中。ジョンソン主演の『ランペイジ 巨獣大乱闘』は日本では5月18日に公開される。プラットは『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(7月13日に日本公開予定)の宣伝にも忙しい日々だ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む