メーガン・マークルが米人気ドラマ『SUITS/スーツ』を卒業!一足先に見せた花嫁姿にファン涙


米人気ドラマ『SUITS/スーツ』シーズン7の最終エピソードが米国で放送され、メーガン・マークルは正式に元女優となった。


2017年11月に英ヘンリー王子ととの婚約を発表したメーガン・マークル。レイチェル・ゼイン役として長年出演して来た『SUITS/スーツ』シーズン7の最終エピソードで、長い間恋愛関係だったマイク・ロス(パトリック・J・アダムス)と豪華な結婚式を挙げ、番組を卒業した。

「果たしてうまく成し遂げることが出来るのか?」

「ついにロス夫妻になったマイクとレイチェル」

ファンからは、この結婚式を見ながら涙が込み上げてきたという投稿がSNSに数多く寄せられた。また、レイチェルとマイクなしでどうやってドラマが続くのかを疑問に思う声も挙がっている。

「今夜のマイクとレイチェルの結婚式と向き合う心の余裕が全くない」

「こんな感じで『SUITS/スーツ』の最終回を観ている」

マークルとヘンリー王子の結婚式は、ロンドン近郊ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で、5月19日(現地時間)に執り行われる予定だ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む