英ルイ王子とシャーロット王女、お下がりの服を着ていたことが分かり話題に


ケンジントン宮殿が先日公開した、生まれたばかりのルイ王子とシャーロット王女の可愛らしい写真から、私たちにとってはお馴染みの"ある習慣"を英国王室も行っていることが判明した。


写真はシャーロット王女が3歳を迎えた5月2日の誕生日に撮られたものなのだが、この写真から、王室の子供たちもお下がりを着ることが分かったのだ。



『ピープル』誌によれば、シャーロット王女が着用しているブルーのカーディガンは、2016年、4歳の時に曾祖母のエリザベス女王が90歳を迎える記念に孫やひ孫たちと撮った写真の中で、兄ジョージ王子が身に着けていたものだ。



このカーディガンは、スペインのブランド「Fina Ejerique(フィナ・エヘリケ)」製で、価格は、​​​​​​52ドル(約5,700円)。デザイナーの女性は、「ジョージ王子のお下がりとして再びシャーロット王女に着てもらえるとは感激の極みです」と同誌に語っている。

一方で、ルイ王子も、2015年にシャーロット王女が初めて撮った写真で着ていたものと同じ白色のロンパースを身に着けている。こちらも同じくスペイン製で「Irulea(イルレア)」というブランドのものだ。こちらは、ウィリアム王子夫妻の乳母の母親からプレゼントされた。

「ジョージ王子とシャーロット王女が自宅で共に過ごしています」

ルイ王子は7月に洗礼式を控えている。新王子の誕生後初めてウィリアム王子夫妻が公の場に姿を現すのは5月19日(現地時間)、ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で行われるハリー王子とメーガン・マークルの結婚式となる。

■参照リンク
https://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む