公開から30年!トム・ハンクス主演映画『ビッグ』にまつわる11のトリビア


トム・ハンクスの主演映画『ビッグ』の公開から、何と今年で30年目を迎える。


今回は、ハンクスが突然少年から大人に変身してしまったジョッシュ・バスキンを演じた、この心温まるコメディ映画の節目を祝して、有名な巨大ピアノの演奏シーンなど、同映画にまつわる11のトリビアをご紹介しよう。

1. ペニー・マーシャル監督は、『ビッグ』で興行収入1億ドルを突破した初の女性監督となった。



2. アン・スピルバーグは当初、兄のスティーブン・スピルバーグが監督し、ハリソン・フォードが主演であると想定してこの脚本を書いた。

3. NYの老舗おもちゃ屋、FAOシュワルツに元々あったピアノでは上を歩いて「Heart and Soul」を演奏するには鍵盤が足りなかった。これに落胆したマーシャル監督が、クリエイターのリモ・サラチェーニに鍵盤の数を3倍にした新しいピアノを作らせた。



4. 巨大な鍵盤の上を歩いて演奏するシーンでは、サポートのためのスタントが雇われたものの、トム・ハンクスとロバート・ロッジアが自力で演じきった。

5. マーシャル監督は、本当に大人の身体に12歳の少年が入っているように見せるため、テストシーンでは少年ジョッシュ役のデビッド・モスコーに大人になったジョッシュを演じさせ、ハンクスが実際のシーンでモスコーの動きを真似できるようにした。

6. モスコーはハンクスにより近づけるため、カラーコンタクトを付けていた。一方のハンクスはモスコーの歩き方に近づけるため、サイズの大きい靴を履いていた。



7. ビリーの母親役はフランシス・フィッシャーだったが、映画公開時には彼女の出演シーンがカットされており、エクステンデッド版がDVDで発売されるまで、日の目を見ることがなかった。

8. 当初、スケジュール上の都合でハンクスが大人のジョッシュ役を演じることができず、代わりにロバート・デ・ニーロにオファーされていた。しかし、デ・ニーロ側から求められた出演料が高すぎたため、最終的にハンクスに決まった。

9. ジョン・トラボルタも主演として候補に挙がっていた。マーシャル監督自身はこのキャスティングに乗り気だったが、トラボルタは当時興行収入が振るわなかったこともあり、20世紀フォックスからゴーサインが出なかった。

10. ハリウッドの都市伝説によると、マーシャル監督はエリザベス・パーキンス演じるスーザンが占いマシーン「Zoltar」を使って少女に戻り、ジョシュに再会するというもう1つのエンディングを撮影したという。このエンディングがニュージーランドで発売されたVHSに収録されているという噂があるが、実際には存在しない。



11. 『ビッグ』は1996年にブロードウェイミュージカルにもなった。トニー賞の5部門にノミネートされたが、上演に非常にコストがかかると判断され、193回の公演をもってその年に閉幕した。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む