ライザ・ミネリが、レネー・ゼルウィガー主演の母ジュディ・ガーランドの伝記映画を認めていないと反発!


ライザ・ミネリが、亡き母ジュディ・ガーランドを描く年内公開予定の伝記映画に関し、ゴシップサイト『RadarOnline』が掲載した記事に反発した。ミネリと、この映画でガーランドを演じるレネー・ゼルウィガーが、同作をきっかけに意気投合しているとの報道に異議を唱えたのだ。


同記事について、ミネリはFacebookで以下の様にコメントしている。

I have never met nor spoken to Renee Zellweger... I don't know how these stories get started, but I do not approve nor...

Posted by Liza Minnelli on Thursday, June 14, 2018
「レネー・ゼルウィガーとは会ったことも話したこともないわ......なぜこのような話が出てきたのか分からないけれど、とにかく今度のジュディ・ガーランドの映画のことは賛成しても認めてもいない。それと反対の報道は100%作り話よ」

『RadarOnline』はひとまず、その記事を取り下げているようだ。

英紙『The Guardian』によれば、問題の伝記映画『Judy』(原題)はBBCフィルムズが一部の資金を提供して英国で製作。死の数カ月前、ガーランドが1969年にロンドンのナイトクラブで最後に公演した時のことを中心に描く。ピーター・キルターの舞台劇『End of the Rainbow』を原作としている。

ミネリは1946年、ガーランドと2番目の夫、『若草の頃』の監督ヴィンセント・ミネリの間に誕生した。舞台上で母親と度々共演。1972年の『キャバレー』でアカデミー賞主演女優賞を受賞しているベテラン女優であるが、若い世代にはコメディ『ブル~ス一家は大暴走!』のルシール・アウステーロ役(通称「ルシール2」)の方がおなじみかもしれない。

ゼルウィガーがガーランドを、ジェマ=リア・デヴェロー(ドラマ『THE TUDORS ~背徳の王冠~』)が23歳当時のミネリを演じる『Judy』は、11月30日に全米公開予定だ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む