クリス・プラット、誕生日にクリス・エヴァンスから犬のおしっこ画像が届く


『ジュラシック・ワールド 炎の王国』のプロモーション中の6月21日に39歳の誕生日を迎えたクリス・プラット。もう1本の出演作『アべンジャーズ/インフィニティ・ウォー』もボックスオフィスで快進撃を続けている。


プラットのもとには、SNSで誕生日を祝う投稿がファンや共演者から寄せられ、その中にはマーベルや"ジュラシック"ファミリーから届いたものもある。

スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスからのメッセージはネット上でも話題になったようで、スター・ロードを皮肉っているのである。

「誕生日おめでとう。私と"そんなの関係ない"と言わんばかりのコイツから。今日一日、愛情がじょろじょろ降りかかって来ますように」

「うちの弁護士から連絡が行くからそのつもりで」

これで済んでよかった。少なくとも降りかかるのは「小」の方で、「大」ではない。ご存じかと思うが、『アべンジャーズ/インフィニティ・ウォー』での一件で、多くのファンがピーター・クィル/スター・ロードを非難しているのだが、ジョー・ルッソ監督は、ファンはソーにも同様に怒りをぶつけるべきだと言っている。

では、プラットに送る、もう少し親切で優しい誕生日メッセージをご紹介しよう。

「ハッピー・バースデー、友よ。地上より永遠に」

「あの映画のロケ地のビーチで撮影したなんて信じられない! マジでまだあの時の砂が耳に入ったままだ」

「ハッピー・バースデー、唯一無二のクリス・プラット。あなたはこの世のものじゃない!」

クリス・プラットとブライス・ダラス・ハワードの『ジュラシック・ワールド』の続編は米国では既に公開されている(日本では7月13日公開)。また、プラット、エヴァンス、ゾーイ・サルダナの3人が出演している『アヴェンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はすでに公開済みだ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む