J・K・ローリングが、『ハリー・ポッター』出版から20年で「年を取ったなあ」とつぶやくファンに反応



J・K・ローリングがデビュー作となる小説『ハリー・ポッターと賢者の石』(原書名『Harry Potter and the Philosopher's Stone』)を1997年に出版し、世の読者を魔法使いの世界にいざなってから20年余り。昨年は、同書が最初に英国で出版された6月26日に20周年が祝われた。次に迫るのは米国版の出版20周年。同書は米では、『Harry Potter and the Sorcerer's Stone』と書名を変えて1998年9月1日に出版されたのである。


20年というのはかなりの歳月であり、ハリポタファンなら見過ごすことのできない節目だ。昨年20周年を迎えた際は、ファンは祝福のツイートを嵐のように投稿。そして21周年となった今年の6月26日にもハリポタ談義に花を咲かせており、あるファンは「超年を取った感じ」とおどけた感想をつぶやいている。

『ハリー・ポッター』シリーズとともに育った多くの人は同じような印象を持っているだろうし、これはローリングも同意するところだ。

(『ハリー・ポッターの20周年って聞いて超年を取った感じがしてるのは僕だけ?』という質問に対し)
「私もよ」

率直な発言で知られる作家(そして映画芸術科学アカデミー新会員)のローリングは、折に触れてこの自身の代表作のことをTwitter上で回想している。昨年の20周年記念の際にも、最初の一冊を出してからの20年は「素晴らしかったわ」とコメント。ファンとしても全くもって同感だ。

ローリングも年月を感じているようだが、別のファンがTwitterで述べているように、20周年は大いに誇るべきことでもあるだろう。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む