ディカプリオ、タランティーノ新作でのブラピとの2ショットを初公開


このところインスタグラムで環境問題に関する投稿が続いていたレオナルド・ディカプリオだが、それとは打って変わり、クエンティン・タランティーノの新作『Once Upon a Time in Hollywood』(原題)の2ショット写真を公開した。


本作は1969年のロサンゼルスを舞台に、チャールズ・マンソン率いるカルト集団が女優のシャロン・テート(マーゴット・ロビー)らを殺害した事件をベースに描かれる。シャロン・テートの隣人でもある西部劇のスター、リック・ダルトンを演じるのがレオナルド・ディカプリオ、彼のダブルスタントであるクリフ・ブースを演じるのがブラッド・ピットだ。

こちらがその写真である。

First look. #OnceUponATimeInHollywood

Leonardo DiCaprioさん(@leonardodicaprio)がシェアした投稿 -

「うん、全てがパーフェクト。カタログ写真として完璧だ」

3人以外のキャストもそうそうたる顔ぶれだ。

アル・パチーノ
レオナルド・ディカプリオ演じる登場人物のエージェント、マーヴィン・シュワルツを演じる

バート・レイノルズ
ほぼ目が見えない農場主を演じる

ダミアン・ルイス
唯一無二のスター、スティーブ・マックイーンを演じる

ダコタ・ファニング
チャールズ・マンソンを信奉し、後にフォード大統領の暗殺を計画したリネット・フロムを演じる

エミール・ハーシュ
シャロン・テート殺害事件の4人の犠牲者の1人、美容師のジェイ・セブリングを演じる

ニコラス・ハモンド
俳優兼ディレクターのサム・ワナメイカーを演じる

ルーク・ペリー
ドラマ『Lancer』の俳優、ウェイン・マウンダーを演じる

クリフトン・コリンズ・Jr.
メキシコのカウボーイ、エルネストを演じる

キース・ジェファーソン
追いはぎのキースを演じる

スコット・マクネイリー
西部劇内でカウボーイ役のビジネス・ボブ・ギルバートを演じる

本作にはティム・ロス、ゾーイ・ベル、マイケル・マドセン、ティモシー・オリファント、ジェームズ・マースデンらも、役柄は不明だが出演が予定されている。

クエンティン・タランティーノはディカプリオとピットについて「ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード以来の、最もエキサイティングでダイナミックな2大スターだ」と評している。また、タランティーノ曰く、「この映画は『パルプ・フィクション』におそらく最も近い」そうだ。

『Once Upon a Time in Hollywood』の全米公開は2019年8月9日(日本での公開は未定)。この日は奇しくもマンソン・ファミリーの殺人事件からちょうど50年目にあたる。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む