『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を観るべき7つの理由(後編)


ライアン・ジョンソンが『スター・ウォーズ』神話に『最後のジェダイ』という火をつけてから半年足らず、ロン・ハワードとルーカスフィルムがファンに贈る"懐かしさを覚える安心して楽しめる映画"、それが『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』だ。愛すべき銀河のならず者、ハン・ソロの若き日を描くプリクエル(前日譚)である。


このハワード監督の新作を観に映画館に足を運ぶべき7つの理由を、前・後編の2回に分けてご紹介するが、今回はその後編をお届けする。

5. フィービー・ウォーラー・ブリッジ演じるドロイド、L3-37

『ハン・ソロ』には魅力的な人気俳優が名を連ねる。ドナルド・グローヴァーやオールデン・エアエンライク、ウッディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ポール・ベタニーなどだが、最も大きな印象を与えるであろうスターの知名度はそれほど高くないかもしれない。それがフィービー・ウォーラー=ブリッジだ。彼女は英国の俳優で作家、監督を務めたこともある。そんなブリッジは、今回、体にぴったりとフィットした緑色の全身スーツとパーツを身に着け、グローヴァー演じるランド・カルリジアンの相棒ドロイド「L3-37」の撮影に挑んだ。彼女の演じる毒舌な「L3-37」は個性たっぷりで、過酷な状況が待ち受けるハンとその仲間たちにとって大事な存在だ。

6. 重要なシーンで流れる"アステロイド・フィールド"
今回、音楽をジョン・パウエルが担当した。彼によって新たに制作された楽曲たちが若きハン・ソロの冒険譚をより感動的に引き立てるが、パウエルは、映画の重要なアクション・シーンで、『スター・ウォーズ』シリーズにおいて最も有名な楽曲の1つ、"アステロイド・フィールド"(小惑星の原野)を使っているという。

7. 「父と子として銀河を支配するのだ」

これは、ダースベイダーがルーク・スカイウォーカーに放った『スター・ウォーズ』シリーズの有名なセリフだが、実は、『ハン・ソロ』も、ある父と子のフォースによって支えられているのだ。

今回、ジョナサン・カスダンと彼の父親であるローレンス・カスダンが脚本を手掛けている。ローレンスは、前述のセリフも登場する『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』でハンが活躍するシーンを描いた人物だが、そのカスダン親子によってハン・ソロの起源が描かれた。

クラシックな西部劇でありケイパームービー、そしてハイテクなSFスリラーの要素もある本作には、『スターウォーズ』が受け継いできた要素が親子の力で散りばめられている。面白く展開の速い素晴らしいストーリーに期待しよう。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、明日、6月29日に日本公開だ。

<前編はこちらのリンクをどうぞ>
https://news.aol.jp/2018/06/24/solo-a-star-wars-story-ron-howard/

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む