全米で好調な『オーシャンズ8』、早くも出演者から続編を望む声


豪華な女性キャストから成る『オーシャンズ8』が再び、新たな"お宝"を手に入れた。全米興行収入1億ドル(約111億円)の達成だ。これを祝して出演者の1人、ミンディ・カリングが続編製作に向け、声を上げている。


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が好調な中、『オーシャンズ8』は、6月8日の全米公開から3週間で1億ドル(海外では興行収入7000万ドルがこれに加わる)を少し上回る興行収入を挙げた。豪華なキャストが揃ったこの女性版オーシャンズは、公開後すぐに力強い数字を打ち出しており、ミンディ・カリングが望むように、シリーズ化に向かうということで間違いなさそうだ。

「ワオ! おめでとう『オーシャンズ8』! 1億ドル!? 更なる続編を!」

カリングと共演したアン・ハサウェイもまた、この記念すべき出来事を祝し、リアーナとサラ・ポールソンと撮ったお祝いムード満載の写真をインスタグラムに投稿している。

Oh hey $100,000,000... #oceans8

Anne Hathawayさん(@annehathaway)がシェアした投稿 -

「1億ドルだって、やった」

カリングの付けたハッシュタグ「SequelMuch(更なる続編)」が現実になるかどうか興味深く見守ろう。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む