ファンなら知っておきたい、ダニエル・ラドクリフにまつわる17の事実(後編)


ダニエル・ラドクリフについてあまり知られていない17の事実として、前回は、両親がハリー・ポッターのオーディションにあまり乗り気じゃなかったことや、オファーを断っていたことなどをお伝えした。


それでは、早速、その続きをご紹介しよう。

9. 『ハリー・ポッター』で成功を収めた後、16歳の時にロンドンの有名なナショナル・ポートレート・ギャラリーに自身の肖像画を展示される。ロイヤルファミリー以外では最年少となる。

10. 2001年の映画『テイラー・オブ・パナマ』で銀幕デビュー。

11. その次の、ハリー・ポッターシリーズ以外の映画作品は、2007年の『ディセンバー・ボーイズ』。ダニエル・ラドクリフが孤児院にいる少年の役を演じ、ある夫婦の養子になろうと他の孤児たちと競い合う。『テイラー・オブ・パナマ』と『ディセンバー・ボーイズ』の間の6年間で、ハリー・ポッター5作品に出演。

12. ハリー・ポッターシリーズ第一作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』の公開後、クラスメートたちにからかわれるが、気にしなかった。徐々に仕事が忙しくなり、学校を退学。家庭教師から勉強を教わるようになる。

13. 『ハリー・ポッター』以降、常に映画と舞台に出演。マーティン・マクドナー作の「The Cripple of Inishmaan」で主演を務め、2013年に「WhatsOnStage Award」の演劇主演男優賞を受賞。

14. 同年、映画『キル・ユア・ダーリン』で詩人アレン・ギンズバーグを演じ、共演していた現在の恋人、エリン・ダークと出会う。

15. 「ジャコブ・ガーション」のペンネームで雑誌に詩を寄稿。ジャコブはミドルネームで、ガーションは母親の旧姓から派生したイディッシュ語の名前。

16. 運動能力が劣る、軽症の発達性協調運動障害に悩まされている。そのため、ひどい時は、靴紐を結ぶのに苦戦する。

17. おまけ:2010年に「シンプソンズ」で声優に挑戦。エピソード「ハロウィーン・スペシャルXXI」でエドモンド役として出演している。

<前編はこちらのリンクをどうぞ>
https://news.aol.jp/2018/07/04/daniel-radcliffe-facts/

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
続きを読む