プール玩具を手に取ったら、中にはあの危険生物が・・・


米アリゾナ州バックアイ市の消防局は、ある家族からゾッとするような体験の報告を受け、SNSで注意を促している。


海外では"プールヌードル"と呼ばれる子ども用のプール玩具、プールスティック。素材に発砲ポリエチレンを使用していて、プールで浮きとして使われる。今回、この消防局がFacebookで紹介した例で問題となっているのは、芯が空洞になっているタイプのプールスティックだ。

投稿によると、この家族は、2つのプールスティックを家のプール近くのブロック塀に立てかけていた。そして、ある日、プールを使用した時のこと。立てかけておいたプールスティックを手に取った所、突然ガラガラヘビがその中から飛び出して来た。

幸いヘビは攻撃してこなかったため、無事に済んだが、「プールスティックの中にはまだ幼いガラガラヘビが何匹かいて、プールスティックのことを気に掛けていた」という。

消防局は、投稿の中で、もし似た状況に遭遇した場合は気持ちを落ち着かせる事が大事だと注意を促している。

「慌て始めてしまうのが、ガラガラヘビに遭遇した時、最もやってはいけない事の1つです。ヘビたちはあなたがどこにいるかを知るために地面の振動を頼りにします。もし唐突に素早く動いたりしたら、ヘビを余計に怖がらせるだけです」

「ヘビを見つけたら、十分な距離を保ってください。そうすればヘビを怖がらせることなく歩き回れます。覚えておいて頂きたいのは、ヘビは体をくねらせ、かなり離れていても攻撃してくるので、出来るだけ十分な距離を保ちましょう」

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む