ジョージ王子とシャーロット王女、バッキンガム宮殿の外に集まった人々に「特別サービス」


英国王室のジョージ王子とシャーロット王女は、先日行われたルイ王子の洗礼式でかわいさを振りまき、注目を集めたばかりだが、早速、再び話題を呼んでいる。前回は、洗礼式での行儀の良さが話題となったが、今回人々の目を引いたのは、その無邪気な姿だ。


先日、英国王立空軍(RAF)創立100周年を祝したイベントが開催され、エリザベス女王やウィリアム王子、キャサリン妃、ヘンリー王子、メーガン妃ら英国王室一家は、バッキンガム宮殿のバルコニーからイベントの航空ショーを楽しんだ。

ジョージ王子とシャーロット王女は、バルコニーからではなく、宮殿の窓から空を舞う航空機を眺めていたのだが、外に集まった人々に対して手を振るなどして、"特別サービス"を行った。中でもシャーロット王女は、今年5月のロイヤルウェディングの日に見せた舌を出す仕草を数回行い、再び、いたずら好きな一面を見せた。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む