薬物の過剰摂取で病院に緊急搬送されたデミ・ロヴァート、約1週間経った今もなお病院で治療中


デミ・ロヴァートは、薬物の過剰摂取により病院に緊急搬送されてから約1週間経った現在もロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センターに入院中と、ゴシップサイト『TMZ』が伝えた。同サイトによれば、デミは薬物の過剰摂取による合併症を発症しており、高熱や強い吐き気、"その他の"症状に悩まされているという。


デミが同病院からいつ完全に退院するのかは分かっていない。『TMZ』は情報筋の話として次のように伝えた。「熟練した専門医らのケアを受けていて、全快が期待されている」。

デミは先月24日、ハリウッドヒルズの自宅において意識不明の状態で発見されたが、友人がオピオイド拮抗薬であるナロキソンを投与したところ意識を取り戻した。救急隊が駆け付けた時、どのような薬物を使用したか聞かれたが返答を避けた。デミがヘロインを過剰摂取したとの報道もあったが、デミに近い人物はこれを否定している。この日の前日は、彼女のバックアップダンサーの1人の誕生日で、前の晩から夜通しパーティを行っていた事が分かっている。

また、『TMZ』によれば、デミに近い人物たちは、デミに対して、退院後にリハビリ治療を受けるよう勧めているという。騒動の数週間前には、友人らが、"デミがまずい状況にあると気付いた"ため治療を受けるよう準備をしたが、デミはこれを受け入れなかったとのことだ。

デミは、昨年のドキュメンタリー番組「Simply Complicated」や、今年6月に発売されたシングル曲「Sober」で依存症の過去を赤裸々に告白してきた。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む