アリアナ・グランデ、VMAで親友ニッキー・ミナージュにした気の利いた行動に感心の声


アリアナ・グランデは、今年のMTVビデオ・ミュージック・アワード(VMA)において、2014年のシングル・ヒット"Bang Bang"でのコラボ以来親友のニッキー・ミナージュに対して気の利いた行動を取り、多くの人の感心を集めた。


アリアナとニッキーはこの日、お互い隣同士に並んで座っていた。そして、ニッキーの"Chun-Li"が最優秀ヒップホップ・ビデオ賞に選ばれた時のこと。ニッキーは、ヴァージル・アブローが手掛けるブランド、Off-Whiteのボディースーツに透けたチュールを合わせていたのだが、このチュールが長過ぎてステージに上がるのが大変そうな様子だった。すると、横にいたアリアナは、ニッキーが転ばないようにと、咄嗟にチュールの裾を持ちエスコートしたのだ。

「彼女より良い友達の名前を挙げてみて。待ってあげるから」

ニッキーは、スピーチの中で、「アリアナの事を誇らしく思う。本当にね」と語り、この後、アリアナが"No Tears Left To Cry"で最優秀ホップ・ビデオ賞を受賞した際にはハグを交わしていた。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む