メラニア・トランプ夫人の影武者説が再びネタにされる


ドナルド・トランプ米大統領とメラニア夫人は先日、オハイオ州コロンバスまで飛行機で飛び、ネーションワイド・チルドレンズ病院を訪れ、同州の共和党議員との会食を行った。夫人のホワイトのスカートスーツ姿が評判になったが、ネットでは飛行機から降りた女性はメラニア夫人ではなく影武者だと信じている人がたくさんいるようだ。


あるツイッターユーザーが、以下のニュース映像の中の女性はメラニア夫人のようには見えないと指摘。すると、これを支持する人が続出した。

「これってメラニアに見える?」

「髪の色すら違うよ」

「メラニアはこんな笑顔を見せないし......、メラニアのはずがない」

「絶対にメラニアじゃない。この女性はメラニアよりボディランゲージの動きがかたくて速いし、 握手は力がこもってる。メラニアはいつもミス・アメリカみたいな握手をするから」

メラニア夫人の"影武者説"に最初に火が付いたのは、昨年10月にトランプ大統領のハリケーン救援活動についての記者会見での事(冒頭の写真)。この時、トランプ大統領の後ろに立っていた女性はメラニアの影武者だと、多くの人たちが信じていた。女性は、サイズの大きなサングラスや、ボタンをしっかりと留めたコート、しなやかな髪などでこのファーストレディを真似ようとしていると指摘された。

「トランプ大統領がハリケーン救援活動について言及。『我々はプエルトリコで素晴らしい仕事をしてきた』」

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む