米俳優バート・レイノルズの訃報に悼む声続々、A・シュワルツェネッガー、マーク・ウォールバーグらがコメント


およそ60年間にわたってハリウッドで活躍してきた俳優、バート・レイノルズが6日、82歳で亡くなった。


大学時代はアメフト選手として活躍し、その後、俳優に転身。「キャノンボール」、「トランザム7000」シリーズなど数々の作品に出演し、私たちを楽しませてくれてきた。そんなレイノルズの訃報を受け、数々の大物たちが彼との思い出をSNSで共有する中、アーノルド・シュワルツェネッガーは、以下の様にコメントしている。

「バート・レイノルズは私のヒーローの1人であり、先駆者だった。彼はアスリートから最も稼ぐ俳優に転身する道を示してくれたし、常に刺激を与えてくれていた。それに、ユーモアも素晴らしかった。『Tonight Show』に出演した時の映像を観てほしい。ご家族の方に、お悔やみ申し上げます」

映画『ブギーナイツ』で共演したマーク・ウォールバーグは、「レジェンド、そして友であるバート・レイノルズよ、安らかに眠れ」と簡潔にお悔やみの言葉を述べた。

「レジェンド、そして友であるバート・レイノルズよ、安らかに眠れ」

歌手のリチャード・マックスは、90年代に彼と偶然会った時のこんなエピソードを共有してくれた。

「90年代の『ブギーナイツ』をやる前あたりにビデオ屋でバート・レイノルズとばったり会った事がある。彼は1人で、誰も彼に気が付いていなかった。『たくさんの時間、楽しませてくれた事に感謝しています』って伝えたら、それはそれは大きな笑顔で握手してくれた後、『君のお陰で良い日になったよ。ありがとう』って言ってくれたんだ」

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む