『ビバヒル』ディラン役ルーク・ペリーが脳卒中で緊急搬送


1990年代に人気を博したドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』でディラン役を務めていた俳優ルーク・ペリーが、27日、重度の脳卒中によりカリフォルニア州シャーマンオークスの自宅から地元の病院に緊急搬送されたと『TMZ』が伝えた。

other
52歳となった現在、米CWのドラマ『リバーデイル』で主人公アーチー・アンドリュースの父親、フレッド役を務めているルークだが、この数週間も、ワーナー・ブラザースのスタジオで同ドラマの撮影を行うなど、普段通りに仕事をしていたという。広報担当は『Yahoo! Celebrity』に対し、「現在、病院で容態を見守っている状態」と語ったが、それ以上の詳細については一切明かしていない。

米FOXは先日、『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』をオリジナルキャストでリブートすると決定したばかり。ジェニー・ガースや、トリ・スペリング、イアン・ジーリング、ジェイソン・プリーストリー、ブライアン・オースティン・グリーン、ガブリエル・カーテリスなど多くの共演者たちが出演に合意する中、ペリーは契約にサインしなかった。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む