米国の男性が、がんで亡くなる5時間前に最愛の彼女と結婚式


アイオワ州出身の男性が、がんで亡くなる5時間前に最愛の彼女と結婚式を挙げた。

other
地元テレビ局『KWWL』が伝える所によると、4月21日(現地時間)に退役軍人のトリスタン・ラウエさん(20)は、彼女のティアナさんにプロポーズを行った。

そして、その数日後、トリスタンさんの容態から、すぐに結婚式を行う必要があると判断し、4月27日(現地時間)、トリスタンさんとティアナさんは、自宅の庭に親族や知り合いを呼び、4月27日(現地時間)に結婚式を挙げ、愛を誓い合った。わずか2日間で、結婚式の準備から、式を挙げるまでを行ったという。

ティアナさんは、わずかな時間だったが、2人共、夫婦になれて幸せだったと語っている。

ティアナさんは、『KWWL』によるインタビューで、亡き夫のトリスタンさんについて、「彼は、私の人生における最愛の人でした」と語っている。また、ティアナさんは、自身の母親から、「短い時間の中であなたたち2人が得たものを、得られない人もいるし、あなたたちと同じような絆を持てない人だっている」と、励ましの言葉をもらったとのことだ。

トリスタンさんは、2016年7月に米陸軍に入隊。2018年4月に病気のため軍を除隊し、これまでノーザン・アイオワ大学に通っていた。そして、4日に葬式が執り行われた。トリスタンさんの友人らは、クラウドファンディングサイト『GoFundMe』において、彼を偲んだメモリアルベンチを設置するための資金を募っている。

■参照リンク
http://www.aol.com/
『GoFundMe』Tristin Laue Memorial Fund
https://www.gofundme.com/f/tristin-laue-memorial-bench

■関連ビデオ
続きを読む