インドで死亡を確認されたはずの20歳男性が、埋葬前に目を覚ます


20歳のインド人男性が、自分のために開かれていた葬式の最中に目を覚まし、家族や友人を驚かせたと、同国の地元メディアが伝えた。

other
英メディア「Independent」によると、インド北部ウッタルプラデシュ州の州都ラクナウに住む、ムハンマド・ファーカンさんは、6月21日、事故により意識を失い、私立病院に入院していた。そして、7月1日、ファーカンさんの家族が、延命治療の医療費をこれ以上支払えないと病院側に伝えたのち、死亡宣告を受けたという。

同日、ファーカンさんの体は自宅に安置され、後に家族が埋葬の準備をしていた時、奇跡が起こった。ファーカンさんの兄、イルファンさんは、「Hindustan Times」紙のインタビューにおいて、「悲しみに打ちひしがれ、皆で埋葬の準備をしていた時、何人かが弟の手足が動いたのを目撃したのです」と語り、こう続けた。「すぐにラム・マノハル・ロヒア病院に連れて行ったところ、医者から弟が生きているので、人工呼吸器を付けようと言われました」

医師によれば、ファーカンさんは、依然として重体だが、「心拍や血圧が安定し、反応もあり、人工呼吸器をつけている状態」で、容体は安定しているという。

米国やカナダでは、遺体に一般的にエンバーミングと呼ばれる防腐処理を施すことなどから、生きたまま埋葬されることはほぼ不可能に近い。

しかし、2001年、マサチューセッツ州アッシュランドにおいて、自殺を図りバスタブの中で倒れている所を発見された39歳の女性が、救急救命士の判断ミスで、病院ではなく葬儀場に送られ、遺体袋に入れられている中、意識を取り戻したという出来事があった。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む