米男性、GPS機能を使ったサプライズプロポーズに成功!


米国人男性の行った、あるサプライズプロポーズが話題を呼んでいる。

other
ABC Newsによると、米テキサス州ヒューストン在住の男性、ジョン・ブレーズさんは先日、彼女のタオ・グエンさんをサイクリングに誘い、GPS機能を使ったフィットネスアプリ「Strava」で走行ルートを記録。タオさんには明かさずに「MARRY ME」という文字を刻むように約24kmもの距離を走行した後、その画面をタオさんに見せ、プロポーズを行ったという。

プロポーズの結果は、以下のインスタグラムの投稿の通り大成功を収めた。

「彼女の答えはイエス! これからずっと、彼女と人生を走って行きます🚴🚴」

プロポーズを受けたタオさんは、米放送局KTRK-TVのインタビューで、「何度も道を曲がって本当にイライラしていたけど、見事に驚かされました」と、大きな笑顔を見せながら振り返っている。一方のジョンさんは、「走行し始めてから彼女の前でひざまずく時まで、ずっと緊張」していたが、「全てを終えた時には、とてもホッと」したとABCに語った。

ジョンさんによれば、プロポーズの瞬間をカメラに収めるべく、友人にルートの最終地点で待機してもらっていたという。また、2016年のバレンタインデーに初めて出会ったという2人だが、互いの趣味のサイクリングは親密の度を深めるために重要な役割を担ってきたそうだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む