auが「4年縛り」廃止、アップグレードプログラムEX提供終了

engadget
KDDI(au)は、「4年縛り」と揶揄された「アップグレードプログラムEX」の新規受付を9月30日に終了します。なお、現在利用中のユーザーは、新規受付終了後も継続して利用できます。

「アップグレードプログラムEX」は、端末を48回(48か月)割賦で購入し、購入から25か月目以降に同じauに機種変更した場合に、端末の返却を条件に以降の残債を免除するプラン。iPhoneのような高額機種を最大半額で購入できることから、スマホの端末代高騰を救済する側面もありました。

一方、残債免除の条件として、同じau端末への機種変更を求めていることから、長期に渡りユーザーをauに拘束する「4年縛り」として総務省が問題視。また、当初は条件に「アップグレードプログラムEXへの再加入」が加えられていたことから、4年縛りをループさせる「事実上の永年縛り」との批判もありました。

政府の法改正が影響

今回、同プログラムを終了した理由についてKDDI広報部は『今秋、おそらく10月に改正電気通信事業法の施行が予定されており、それにあわせて終了することが妥当と判断した』とコメント。

この法改正では、スマホの割引の上限額を「最大2万円」とする方針が固まっており、「アップグレードプログラムEX」の24回の支払い後、予見される市場端末価格との"差額"は利益の提供に該当することから、同種プランの継続は困難との見方もありました。同種のプランはNTTドコモなども提供しています。


今回の提供終了により「iPhoneを最大半額で購入できる」などとうたう割引プランは10月以降、auから姿を消すことになります。

政府は、10月の楽天携帯キャリア参入に合わせ、既存3キャリア(NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク)の顧客囲い込みや過度な端末割引を規制する方針で、KDDIはそれに対応した格好です。

9月30日で新規受付が終了となるプランは下記の通りです。

・アップグレードプログラム
・アップグレードプログラムEX
・アップグレードプログラムEX (a)
・アップグレードプログラム (a)
・アップグレードプログラム (ジュニア)
・アップグレードプログラム (タブレット)


この記事はEngadget 日本版からの転載です。
続きを読む