​​​​​​​銀行強盗の男がまさかのうっかりで即逮捕!自分の名前と住所が書かれた紙を渡してしまう


銀行強盗の男が、まさかのうっかりミスで警察に逮捕された。

other
米WJW局が警察の話として伝える所によると、オハイオ州のマイケル・ハレル容疑者(54)は、7月29日(現地時間)の朝、同州クリーブランドにあるUSバンクの支店で、窓口の受付係に紙で現金を要求。しかし、その紙の裏面には、何と男のフルネームと住所が書かれていた。

米連邦捜査当局(FBI)クリーブランド支部のビッキー・アンダーソン特別捜査官は、「受付係が紙を受け取り、裏面まで確認すると、男の名前がありました。この紙は、銀行強盗の前にオハイオ自動車管理局で使った用紙で、名前が書かれていたのです」と、米WIVB局に語っている。

紙の表面には「これは強盗だ。誰も傷つけないようにしろ」と書かれていた。受付係はこの要求にひとまず従い、206ドルを渡し、警察に通報、即逮捕に至った。

アンダーソン特別捜査官によると、受付係の女性が男に現金を渡した際、「受付係の女性は、男のことを『マイケル』と名前で呼んでいた」といい、女性は、ハレル容疑者のミスに大変驚いていたという。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む