英国で希少なピンク色のバッタが発見される


英国で希少なピンク色のバッタが発見され話題を呼んでいる。

other
発見者の女性、ケイト・カリーさん(41)は、グロスタシャー州にある祖母の庭の手入れを手伝っていた際、この一風変わった色をしたバッタを目撃した。

カリーさんは、英通信社SWNSによるインタビューでこのように振り返っている。「驚きました。ピンク色のバッタを見るなんて思ってもいませんでした。あのように珍しいバッタをこれまで見た事はありません」。

カリーさんが写真に収めたこのピンク色のバッタは、確かに珍しいが、2013年にも、『ナショナルジオグラフィック』の研究者、ヴィクトリア・ヒルマンさんが6匹のピンク色のバッタを見つけたとブログに投稿していた。ヒルマンさんは次のように説明する。「ピンク色のバッタは存在しているものの、捕食者によって簡単に狙われてしまう事から、成虫にまで成長するのは珍しい事です。通常の緑色や茶色のバッタと比べて、緑色の植物に対し非常に目立っている事が、ピンク色のバッタをほとんど見かける事のない理由の1つです」。

このバッタの色は、"erythrism (赤髪症)"と呼ばれる、劣性遺伝子による突然変異が原因で発生した物だという。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む