iPhone 11発表。デュアルカメラと6色ボディの「スマホ史上最速」モデル、XR後継

iPhone 11

スティーブ・ジョブズ・シアターで進行中のスペシャルイベントで、アップルが2019年モデルの新 iPhone 三機種を発表しました。そのひとつは『iPhone 11』。

アルミとガラスのカラフルな6色のボディに、広角(通常)と超広角のデュアルカメラ、6.1インチLiquid Retina(液晶)ディスプレイを搭載したモデル。2018年の iPhone XRを継承する、新iPhone全三機種のなかでは普及モデルです。

アップルストアの国内価格は、いずれも税別で 64GB 7万4800円、128GB 7万9800円、256GB 9万800円。

11 PHOTOS
Apple iPhone 11製品写真
See Gallery
Apple iPhone 11製品写真
iPhone 11
iPhone 11
iPhone 11
iPhone 11
iPhone 11
iPhone 11
iPhone 11
iPhone 11
iPhone 11
iPhone 11
iPhone 11
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る


関連:5分でだいたいわかるiPhone 11 / Pro / Pro Maxまとめ。新Apple Watchや10.2インチiPadも



カラーバリエーションはブラックとホワイト、パープル、イエロー、グリーン、そしてチャリティ企画の真っ赤な (PRODUCT) RED。



デュアルカメラの構成は12MP広角(iPhone XRのカメラよりやや広角の28mm、F1.8)と、12MP超広角(35mm版換算13mm、F2.4)。

超広角を利用して、カメラアプリでは通常撮影時でも「フレーム外」を同時に表示して、フレーミングを助けるインターフェースを採用します。



二眼カメラのステレオ効果で、ペットなどXRよりも柔軟なポートレートモード撮影に対応します。

ナイトモードもようやく搭載。9枚同時撮影と手ブレ補正・AIソフトウェア補正を組み合わせて、自然に明るい写真が得られます。



iPhone 11シリーズ、ついに夜間撮影モード搭載。A13と人工知能+超広角レンズの合わせ技


動画は4K 60fps や拡張ダイナミックレンジに対応。「スマートフォンの中で最も高品質なビデオ」と豪語します。

拡張ダイナミックレンジ撮影(背面で最大60fps)は、標準露出と短時間露出のフレームを交互に120fpsで撮影したうえで、ニューラルエンジンで全フレームを解析し被写体に応じた調整を施します。


前面カメラは12MP F2.2のTrueDepthカメラ。前面で4K60fps動画やスローモーションにも初めて対応しました。スローモーション自撮りを「スローフィー」と呼んでアピールします。






プロセッサは最新の A13 Bionic。プレゼンでの表現は「スマートフォン史上最速のCPU」。GPUについても、「スマートフォン史上最速のGPU」。

上位機種の iPhone 11 Pro と比較して安価な普及機種でありながら、心臓部のプロセッサは型落ちや廉価版ではなく、共通の最新プロセッサを採用します。

これは昨年の iPhone XR / iPhone XS 世代(どちらもA12 Bionic)と同じです。




空間オーディオの Dolby Atmosにも対応。


バッテリー駆動時間は、先代のXRより1時間延長。

別売り税別2800円の18W USB-C電源アダプタとUSB-C -ライトニングケーブルを使えば、30分で最大50%の高速充電に対応します。付属品は5W出力。



防水防塵は、XRより防水性能が向上したIP68。Wi-Fi 6(802.11ax)対応。

iPhone 11の価格は米国で699ドルから。



アップルはさらに上位機種として、2018年の iPhone XS / XS Max 後継機となる iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Maxも発表しています。

速報:「iPhone 11 Pro / 11 Pro Max」発表。初めて『Pro』を冠したiPhone


アップルストアの国内価格は、いずれも税別で 64GB 7万4800円、128GB 7万9800円、256GB 9万800円。

関連:5分でだいたいわかるiPhone 11 / Pro / Pro Maxまとめ。新Apple Watchや10.2インチiPadも

この記事はEngadget 日本版からの転載です。

続きを読む