遠足で一日中車椅子の生徒を背負った小学校の先生が話題に


米ケンタッキー州の小学校の先生が、 車椅子の必要な生徒を一日中背負って遠足に参加させたという心温まる話が話題を呼んでいる。

other
同州ルイビルにあるタリー小学校の4年生の女の子、ライアン・ネイバーズさん(10)は、生まれつき脊椎に異常のある「二分脊椎症」を持っている。そんな彼女は、生まれてから手術を何度も経験し、車椅子の生活を送ってきた。

そのため、先日、学校の遠足で自然保護区の「フォールズ・オブ・ザ・オハイオ州立公園」に行く事になったが、この公園は、荒れた、起伏のある場所が多いため、ライアンさんの参加は難しいと思われていた。

しかし、ライアンさんのクラスの隣のクラスの担任、ジム・フリーマン先生は、ライアンさんを欠席させたくないと思い、ライアンさんを一日背負って遠足に参加させる事を決めたのだ。

ライアンさんの母親、シェリー・キングさんは、フェイスブックでこの話を次の様にシェアしている。「子供のために『遠足の代わりの日』を準備しようとしていたら、フリーマン先生が救いの手を差し伸べてくれて、『一日、喜んで公園でライアンさんを背負います』と言ってくれたのです」。



投稿の画像では、フリーマン先生が、チャイルドキャリアを使ってライアンさんを背負い、公園を歩く様子を確認できる。

ライアンの母親は、米WLKY局のインタビューで次のように語っている。「心が温まりました...。娘のクラスの担任ではないのに、とても心が優しく、必ず、娘を遠足に参加させ、省かれずに、クラスの仲間であると感じさせてあげたいと思ってくれたのです」。

フリーマン先生によれば、ライアンさんは、クラスの仲間と一緒に遠足に参加できるのを、遠足の前から楽しみにしていたという。

フリーマン先生は、同局にこのように語っている。「チャイルドキャリアを使ってライアンさんを背負ったら、『これを待ってたの』という感じでした」。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む