警察に追われていた男性、トウモロコシ畑の巨大迷路に隠れるも無事逮捕


米カリフォルニア州で、警察に追われていた男性が巨大な迷路に隠れ、何と2時間にわたって迷路の中を探す事になったが、無事逮捕に至ったという。

other
米「Press Democrat」紙によると、同州ペタルーマの警察は、ライアン・ケニース・ワット(29)という男性が、元彼女に対してストーカー行為を行い、禁止命令が出ていたが、それを破ったとして捜索を開始した。その翌朝、ホームレスキャンプで男性を発見。一度逃走を許してしまい、再びキャンプで発見したが、ハイウェイを横切り、ハロウィン向けのパンプキンを販売する「ペタルーマ・パンプキン・パッチ」に逃走した。

そこには、広さ4エーカー(約1万6000平方メートル)の「コーンメイズ」と呼ばれるトウモロコシ畑の巨大迷路があり、男性は迷路の中に隠れてしまう。警察は、迷路に規制線を張り、6人の警察官が2手に別れ、迷路のマップを借りて隠れた男性の追跡に着手した。

男性の追跡を行った警察官、エド・クロスビーさんは、「この迷路には、非番の時に子供たちと行った事がありました。隠れるのにはもってこいの場所でしょう。中はとても狭く、出るにはとても時間が掛かります」と、「Santa Cruz Sentinel」紙のインタビューで語っている。通常、この迷路から出てくるのに45分は掛かるという。

ヘリコプターも出動し、迷路の中を隈なく2時間かけて捜索したものの、男性は見つからなかった。しかし、警察が迷路での捜索を諦め、現場から離れようとしていた時の事。1人の警察官が、迷路の近くにある鶏舎の中を確認した所、遂に男性を発見し逮捕した。

男性は、ストーカー行為だけではなく、逮捕に抵抗した罪にも問われ、拘留中だ。また、警察によると、男性は、元彼女に告訴を取り下げるよう迫ったという。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む