小学4年生の女の子が算数の問題に物申す!


米国の小学校4年生の女子生徒が、宿題として出された、ある算数の問題が不適切だと物申し話題を呼んでいる。

other
米テレビ局、KSTUが伝える所によると、ユタ州マレー市の小学4年生、リズム・パチェコさん(9)は、算数の宿題に取り組んでいた際、「右の表は、3人の4年生の体重を示しています。イザベルさん(※女性名)は最も軽い生徒よりどのくらい重いでしょうか?」という問題があり、疑問に思ったという。

リズムさんの母親、ナオミさんが同局に語った所によると、リズムさんは、この問題が「ボディシェイミング(体型の侮辱)」を助長しているとして、どうしてもこの問題を解こうとしなかったという。

リズムさん本人は、次のように語っている。「(前述の問題が)侮辱的だと思った。女の子はお互いを比べ合うべきじゃないから嫌だった。算数の問題だとは分かっているけど、あれが本当に大丈夫だとは思わないです」。

そこで、リズムさんは、問題を丸く囲い、「何!!! これは侮辱的! 失礼だから答えません」と書くことに決めたのだ。

リズムさんは、先生に宿題を提出した後、次のようなメモを渡したという。「失礼かもしれませんが、あの算数の問題は良いとは思えません。人の体重をジャッジしていると思いました。また、答えを書かなかった理由は、ただ問題が良いと思えなかったからです」

リズムさんの母親によると、幸い、先生は理解があり、このリズムさんの決断を支持したという。

「先生や学校などについて言いたいのではないのです。私たち家族は、この学校や地域が大好きです」と母親は語る。

リズムさんの学校の算数のカリキュラム、「Eureka Math」を提供している、マレー市学区初等教育&ラーニングのディレクター、メリッサ・ハミルトンさんは、次のように主張している。「4年生が問題の意図を誤解したのも分かります。しかし、この算数のカリキュラムの中の問題の狙いは、身体のイメージについてではなく、キログラムをポンドにする事でした」。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む