フィリピン人女性が、荷物の超過料金を支払わず搭乗するため大量の洋服を着込む


荷物の超過料金を支払わずに飛行機に乗るため、大量の洋服を着込んだフィリピン人の旅行者が話題を呼んでいる。

other
フィリピン人女性、ゲル・ロドリゲスさんは先日、空港カウンターで荷物を預けようとした所、荷物が無料で預けられる重量制限の7kgを2kgオーバーしていたため、ズボンやスカート、ジャケット、トップスなど、大量の洋服を着込んだと、『Vice』は伝えている。

ロドリゲスさんは、次のように振り返っている。「たった2kgしかオーバーしていなかったのに、荷物の超過料金を払いたくなかったんです」。

ロドリゲスさんは、何とか、6.5kgまで重量を減らすことに成功し、フェイスブックにおいて以下の様に投稿すると、たちまち話題を呼んだ。

https://www.facebook.com/gel.rodriguez.16/posts/2430544727023344

「空港のチェックインカウンターのスタッフが"荷物が超過しています。手荷物は7kgまでです"と言ってきたから、"大丈夫!"と返答😏。9kgから6.5kgにまで重量を減らしました😅。#超過荷物チャレンジが認められた」

今年4月にも、英国人女性が、超過料金の支払いを免れるため4kg近くの服を着込み注目を集めた。

https://twitter.com/TheSun/status/1116129259087704064 「65ポンドの重量オーバーの支払いを避けるため、4kg近くの服を着込んだ、トーマス・クック航空の乗客」

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む