ワシントン・ナショナルズの投手2人が、初のワールドシリーズ制覇で感動の抱擁【映像】

other
米大リーグ(MLB)のワシントン・ナショナルズが、球団初のワールドシリーズ制覇を収めたが、この2人の投手たちにとって、優勝まで長い道のりだったようだ。

https://twitter.com/Cut4/status/1189759879264821248 「アニバル・サンチェス選手が泣いてマックス・シャーザー選手と抱き合いながら、"勝った、遂に勝った"と語り掛けている。完璧だ」

この映像の中で、優勝の喜びを噛み締め合っているのは、同チームのマックス・シャーザー投手とアニバル・サンチェス投手。サンチェス投手が「勝った! 遂に勝ったぞ!」とシャーザー投手に語り掛けた後、2人は泣きながら抱き合っている。

実は、この涙には理由がある。2人は互いに35歳。シャーザー投手は2006年、サンチェス投手は2008年にプロ入り。そして、2012年から14年まで、デトロイト・タイガースでチームメイトの間柄となり、その間の2012年には、ワールドシリーズに進出するも、サンフランシスコ・ジャイアンツに4連敗を喫し、優勝を逃した。そんな2人が、今年、ナショナルズでヒューストン・アストロズを破り、遂に、2人にとっても、チームにとっても初めてのワールドシリーズ制覇を果たしたのだ。それでは早速、感動の瞬間を上のツイッターの映像でご覧頂きたい。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む