愛車が故障し約19km徒歩通勤していた60歳の女性に、同僚から粋なサプライズプレゼント!


自宅から12マイル(約19km)離れた職場まで徒歩で通勤していた60歳の米国人女性に、同僚が粋なサプライズプレゼントを用意した。

other
「USA Today」によると、米サウスカロライナ州スパータンバーグのFedExに勤務するダーリーン・クインさんは、早朝4時からのシフトで働き、職場まで、朝早くから車で通勤していた。しかし、約3カ月前に愛車が故障。新しい車を購入する事が出来なかったクインさんは、徒歩で通うようになったという。

そんな中、これに気が付いた同僚のジョッシュ・ルイスさんは、クインさんに何とかしてあげようと決意する。相乗りという手もあったが、それでは、根本的な解決策にはならないと考えたルイスさんは、クインさんに車をプレゼントするため、 クラウドファンディングサイト「GoFundMe」で支援を募ることに。すると、見事、8000ドル以上の資金を調達し、先日、サプライズでクインさんに車をプレゼントしたのだ。

ルイスさんは、そのサプライズの瞬間を収めた動画をフェイスブックで公開。クインさんが、嬉しさのあまり涙を流しているのが確認できる。

ルイスさんは、「USA Today」のインタビューで次の様に語っている。「クインさんには、ただ、刺激を受けていると伝えたかったのです。私なら、毎日職場に行き来するためだけに、12マイルも歩いたりできないです」。

同メディアによると、粋なはからいは、これだけに留まらなかった。地元の2つの企業が、クインさんに車のオイル交換とタイヤ交換のサービスを無償で提供する事を決めたとのことだ。

https://www.facebook.com/bigtiny1986/posts/10218553178033182


■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む