レストランの常連客が、不運なウェイトレスに2000ドルの小切手をチップとしてプレゼント


テレビ局「WFLA」が伝える所によると、フロリダ州クリアウォーターにあるレストラン「Speggtacular」でウェイトレスとして働く、リネッテ・バイオさんは、衝突を回避して愛車を大破し、修理を行ったため、家族にクリスマスプレゼントを買えなかったと、地元テレビ局「WFLA」は伝えている。

other
しかし、クリスマスイブに訪れた心優しい匿名の常連客の夫婦が、不運が襲ったリネッテさんのために、何と、2000ドル(約21万)の小切手をチップとして置いていった。そして、そこに置かれたメモには、次のように書かれていた。「メリークリスマス、これを足しにしてください」。

これを見たリネッテさんは、事情を知る周りにいたスタッフら全員と涙を流して、感動を共有したという。リネッテさんは、こうコメントしている。「これは、私にとって、クリスマスの奇跡でした」。

リネッテさんは、この常連客の夫婦にとても感謝しており、いつか、誰か助けを必要とする人に「この恩を渡したい」と考えているという。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む